@iOS

@iOS

@フォロワー #0

Registering or the permissions granted for Push Notifications in Xcode 8/Swift 3.0 @Notifications @swift @iOS

lujian 質問投稿 • 2017-05-23 17:02 • @フォロワー #0 • 0 回答 • 71 Views

This action could not be completed. Try Again (-22421) @Xcode @iOS

lujian 質問投稿 • 2017-05-16 14:08 • @フォロワー #0 • 0 回答 • 57 Views

APNs Provider APIとAPNs Auth Keyを使ったAPNs送信【毎年のAPNS証明書更新が不要に】 @iOS

lujian 質問投稿 • 2017-05-15 17:12 • @フォロワー #0 • 0 回答 • 69 Views

[iOS][CocoaPods]Pod Setup 終わらない @iOS @CocoaPods

Anonymous @回答 • 2016-06-21 16:25 • @フォロワー #2 • 3 回答 • 664 Views

[iOS]CocoaPodsのインストール方法について @CocoaPods @Xcode @iOS

lujian 質問投稿 • 2016-06-21 16:18 • @フォロワー #1 • 0 回答 • 174 Views

The operation couldn’t be completed. (LaunchServicesError error 0.)でシミュレーター起動できない時 @iOS

iQi @回答 • 2016-06-21 16:10 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 207 Views

[iOS]APNS プッシュ通知の実装について @APNS @iOS

lujian 質問投稿 • 2016-05-10 15:14 • @フォロワー #1 • 0 回答 • 244 Views

[iOS]2台目以降のMacで実機テストをする方法について @実機テスト @Mac @iOS

lujian 質問投稿 • 2016-02-16 16:15 • @フォロワー #1 • 0 回答 • 259 Views

[iOS][課金]エラー「Please provide a demo video that demonstrates In App Purchase within the app」 @iOS

iQi @回答 • 2015-08-16 16:23 • @フォロワー #1 • 1 回答 • 341 Views

さらに...
2

{ 賛成 }: Lubo lujian

hostsファイルの場所について、OSによって違います。

1.Windows NT/2000/XP/Vista/win7の場合:
{{{
%SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts
}}}
2.Linux(Cento...

すべて表示する »
hostsファイルの場所について、OSによって違います。

1.Windows NT/2000/XP/Vista/win7の場合:
{{{
%SystemRoot%\system32\drivers\etc\hosts
}}}
2.Linux(Centos,Redhat,Ubuntuなど)
{{{
/etc/hosts
}}}
3.Apple
OS X:{{{/private/etc/hosts}}}
iPhone OS:{{{/etc/hosts}}}
iPad OS:{{{/private/etc/hosts}}}
4.Symbian 1/2:{{{C:\system\data\hosts}}}
Symbian 3:{{{C:\private\10000882\hosts}}}
0

{ 賛成 }:

ローカルのSpecリポジトリを消す

{{{
$ pod repo remove master
$ pod setup
$ pod install
}}}

ローカルのSpecリポジトリを消す

{{{
$ pod repo remove master
$ pod setup
$ pod install
}}}
0

{ 賛成 }:

{{{
var leftNegativeSpacer: UIBarButtonItem = UIBarButtonItem(barButtonSystemItem: UIBarButtonSystemItem.FixedSpace, targe...

すべて表示する »
{{{
var leftNegativeSpacer: UIBarButtonItem = UIBarButtonItem(barButtonSystemItem: UIBarButtonSystemItem.FixedSpace, target: nil, action: nil)
leftNegativeSpacer.width = -16.0
self.navigationItem.leftBarButtonItems = [leftNegativeSpacer, leftBarButton]

var rightNegativeSpacer: UIBarButtonItem = UIBarButtonItem(barButtonSystemItem: UIBarButtonSystemItem.FixedSpace, target: nil, action: nil)
rightNegativeSpacer.width = -6.0
self.navigationItem.rightBarButtonItems = [rightNegativeSpacer, rightBarButton]
}}}
0

{ 賛成 }:

Swiftの場合:
{{{
var audioSession: AVAudioSession = AVAudioSession.sharedInstance()
audioSession.setCategory(AVAudioSessionCategoryPl...

すべて表示する »
Swiftの場合:
{{{
var audioSession: AVAudioSession = AVAudioSession.sharedInstance()
audioSession.setCategory(AVAudioSessionCategoryPlayAndRecord, error: nil)
audioSession.setActive(true, error: nil)
}}}

Objective-Cの場合:
{{{
AVAudioSession* session = [AVAudioSession sharedInstance];
[audioSession setCategory:AVAudioSessionCategoryPlayback error:&error];
[audioSession setActive:YES error:nil];
}}}

>>>import AVFoundation
0

{ 賛成 }:

1.Size Class の前提知識をつける

Size Classes/Trait Collection
 これまでユニバーサルなアプリを開発するとき、iPhone と iPad の UI デザインを別々に行い、場合によっては Portrait 表示と La...

すべて表示する »
1.Size Class の前提知識をつける

Size Classes/Trait Collection
 これまでユニバーサルなアプリを開発するとき、iPhone と iPad の UI デザインを別々に行い、場合によっては Portrait 表示と Landscape 表示でレイアウトを変更することもありました。このように様々な表示パターンを表す新たな概念として、Size Classes と Trait Collection が定義されました。

** ファイルアップロード **


** ファイルアップロード **

「Size Classsとは」ってところを学ぶには、クラスメソッドさんの下記記事が日本語、図解入りでとてもわかりやすいです。http://dev.classmethod.jp/references/ios8-trait-collection/

Size Class 機能を使って複数画面サイズ対応する手順のチュートリアル動画。英語ですが、音声なしでもわかりやすいです。Xcodeのプレビュー機能を駆使するのめちゃめちゃ大事。


!![](https://www.youtube.com/watch?v=p5wD8dvSDbM)
0

{ 賛成 }:

NSDateで「午前/午後」表示させない

{{{
NSDate *date = [NSDate date];
NSDateFormatter *dateFormatter = [[NSDateFormatter alloc] init];
dateForma...

すべて表示する »
NSDateで「午前/午後」表示させない

{{{
NSDate *date = [NSDate date];
NSDateFormatter *dateFormatter = [[NSDateFormatter alloc] init];
dateFormatter.dateFormat = @"yyyy/MM/dd HH:mm:ss";
NSString *defaultLocale = [dateFormatter stringFromDate:date];
// dateFormatter.locale.localeIdentifier:ja_JP defaultLocale:2014/02/17 午後11:35:44

dateFormatter.locale = [[NSLocale alloc] initWithLocaleIdentifier:@"en_US_POSIX"];
NSString *usLocale = [dateFormatter stringFromDate:date];
// dateFormatter.locale.localeIdentifier:en_US_POSIX usLocale:2014/02/17 23:35:44
}}}

データフォーマットのlocaleをen_US_POSIXidentifierで上書きしてあげるだけでOK
こういう処理はいちいち入れるのではなく、NSDateクラスをカテゴライズした方が使いやすいかも
0

{ 賛成 }:

// Add extension
{{{
extension UILabel {
func setSizeFont (sizeFont: CGFloat) {
self.font = UIFont(name: self.font.fo...

すべて表示する »
// Add extension
{{{
extension UILabel {
func setSizeFont (sizeFont: CGFloat) {
self.font = UIFont(name: self.font.fontName, size: sizeFont)!
self.sizeToFit()
}
}
}}}
// Use
{{{
myLabel.setSizeFont(20)
}}}
0

{ 賛成 }:

左のナビゲーションバーからプロジェクトを選択して、Generalを開きます。

その中央、Deployment info > Device Orientation が画面の向きを設定する箇所になります。

** ファイルアップロード **


設定...

すべて表示する »
左のナビゲーションバーからプロジェクトを選択して、Generalを開きます。

その中央、Deployment info > Device Orientation が画面の向きを設定する箇所になります。

** ファイルアップロード **


設定値はこのようになっています。

Portrait:ホームボタンが下の縦方向
Upside Down:ホームボタンが上の縦方向
Landscape Left:ホームボタンが左の横方向
Landscape Right:ホームボタンが右の横方向
0

{ 賛成 }:

下記、一時関数内ではなく、viewDidLoadに追加スル必要あります。
{{{
[[SKPaymentQueue defaultQueue] addTransactionObserver:self];
}}}

下記、一時関数内ではなく、viewDidLoadに追加スル必要あります。
{{{
[[SKPaymentQueue defaultQueue] addTransactionObserver:self];
}}}
0

{ 賛成 }:

"Reset content & settings"


** ファイルアップロード **

"Reset content & settings"


** ファイルアップロード **
さらに...

@概要

@関連

@達人

iQi

@ 2賛成, 0 感謝

@フォロワー #0