@code

@code

@フォロワー #0

[Google]Adsense SSL 対応の AdSense 用広告コード(既存の広告コードを修正する方法) @code @Adsense @Google

lujian @回答 • 2015-06-21 09:41 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 490 Views

[iOS]Swift1.2で発生したエラーメソッドをoverrideできない @iOS @code @swift

iQi @回答 • 2015-06-12 15:19 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 622 Views

[iOS]Swift1.2で発生したエラーUTF16Countが使えない @code @iOS @swift

iQi @回答 • 2015-06-12 15:17 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 682 Views

[PHP]PHP内でSSL接続かどうかを判定する方法について @php @code @ssl @https

Lubo @回答 • 2015-06-12 11:50 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 712 Views

[iOS]Swift String 大文字、小文字について @code @swift

iQi @回答 • 2015-05-29 17:01 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 450 Views

[iOS]SwiftでのMD5メソッドについて @MD5 @code @swift

iQi @回答 • 2015-05-29 14:22 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 1566 Views

[Android]JavaにてMD5 値の取得方法について @java @code @Android

iQi @回答 • 2015-03-13 10:26 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 610 Views

[Android]AndroidからHTTP-POST通信でバイト列を送信する方法について @java @code @Android

iQi @回答 • 2015-03-12 14:21 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 1662 Views

AndroidでUUIDの生成方法について @code @Android

iQi @回答 • 2015-03-10 10:17 • @フォロワー #1 • 1 回答 • 1131 Views

[iOS]Twitterのログインボタンの実装について @Twitter @iOS @code @Fabric

hero 質問投稿 • 2015-03-08 15:18 • @フォロワー #0 • 0 回答 • 501 Views

さらに...
2

{ 賛成 }: Lubo lujian

Wordpress Pluginのフォルダの場所について、plugins_url() 関数をおすすめです。

{{{
plugins_url( 'myscript.js', __FILE__ );
}}}

また、その以外もいろない方法があるので、下記のURL...

すべて表示する »
Wordpress Pluginのフォルダの場所について、plugins_url() 関数をおすすめです。

{{{
plugins_url( 'myscript.js', __FILE__ );
}}}

また、その以外もいろない方法があるので、下記のURLをご参考してください。
http://codex.wordpress.org/Determining_Plugin_and_Content_Directories
2

{ 賛成 }: Lubo lujian

NginxのWebサーバーを利用する場合、WordpressのNginx Confの書き方は下記となります。

{{{
server
{
listen 80;
serv...

すべて表示する »
NginxのWebサーバーを利用する場合、WordpressのNginx Confの書き方は下記となります。

{{{
server
{
listen 80;
server_name blog.jp.ai;
index index.html index.htm index.php;
root /home/blog;

location / {
if (!-f $request_filename){
rewrite (.*) /index.php;
}
}

location ~ .*\.(php|php5)?$
{
fastcgi_pass unix:/tmp/php-cgi.sock;
fastcgi_index index.php;
include fcgi.conf;
}

location /status {
stub_status on;
access_log off;
}

location ~ .*\.(gif|jpg|jpeg|png|bmp|swf)$
{
expires 30d;
}

location ~ .*\.(js|css)?$
{
expires 12h;
}

}

}}}

ポイントとして、下記のコード内容を追加することです。

{{{
location / {
if (!-f $request_filename){
rewrite (.*) /index.php;
}
}
}}}

また、質問があれば遠慮なく教えてください。
2

{ 賛成 }: lujian Lubo

{{{
SELECT * FROM `table` ORDER BY RAND() LIMIT 5
}}}

または、max(id) * rand()を使うことで性能UP

{{{
SELECT *
FROM `table` AS t1 JOIN (SELE...

すべて表示する »
{{{
SELECT * FROM `table` ORDER BY RAND() LIMIT 5
}}}

または、max(id) * rand()を使うことで性能UP

{{{
SELECT *
FROM `table` AS t1 JOIN (SELECT ROUND(RAND() * (SELECT MAX(id) FROM `table`)) AS id) AS t2
WHERE t1.id >= t2.id
ORDER BY t1.id ASC LIMIT 5;
}}}
または、僕自分でよく使った方法:
{{{
SELECT * FROM `table`
WHERE id >= (SELECT floor( RAND() * ((SELECT MAX(id) FROM `table`)-(SELECT MIN(id) FROM `table`)) + (SELECT MIN(id) FROM `table`)))
ORDER BY id LIMIT 1;
SELECT *
FROM `table` AS t1 JOIN (SELECT ROUND(RAND() * ((SELECT MAX(id) FROM `table`)-(SELECT MIN(id) FROM `table`))+(SELECT MIN(id) FROM `table`)) AS id) AS t2
WHERE t1.id >= t2.id
ORDER BY t1.id LIMIT 1;
}}}
2

{ 賛成 }: lujian Lubo

下記方法で、対応できます。(テスト済み)

{{{
<script>jbackup = jQuery.noConflict(true);</script>
<script type='text/javascript' src='h...

すべて表示する »
下記方法で、対応できます。(テスト済み)

{{{
<script>jbackup = jQuery.noConflict(true);</script>
<script type='text/javascript' src='http://code.jquery.com/jquery-1.11.0.min.js'></script>
<script type='text/javascript'>
// Inside of this area, the javascript will work on the new jQuery()
</script>
<script>jQuery = jbackup;</script>
}}}
2

{ 賛成 }: lujian Lubo

WordPressの場合、[$]記号ではなく、jQueryのObjectを直接に利用することをおすすめです。
どうしても[$]記号を使用したい場合、下記のコードに書く必要があります。

{{{
jQuery(document).ready(function($...

すべて表示する »
WordPressの場合、[$]記号ではなく、jQueryのObjectを直接に利用することをおすすめです。
どうしても[$]記号を使用したい場合、下記のコードに書く必要があります。

{{{
jQuery(document).ready(function($) {
// Inside of this function, $() will work as an alias for jQuery()
// and other libraries also using $ will not be accessible under this shortcut
});
}}}

すぐJavaScriptを効く場合、
{{{
(function($) {
// Inside of this function, $() will work as an alias for jQuery()
// and other libraries also using $ will not be accessible under this shortcut
})(jQuery);
}}}
1

{ 賛成 }: Lubo

この内容をresponse.jsonというファイルを作って、ファイルの内容を以下のようにしておきます。
{{{
response.json

{
"name":"アイスケット",
"addres...

すべて表示する »
この内容をresponse.jsonというファイルを作って、ファイルの内容を以下のようにしておきます。
{{{
response.json

{
"name":"アイスケット",
"address":"神奈川県",
"work":{
"program":"PHP",
"design":"CSS",
"database":"MySQL"
}
}
}}}

次にPHPですが、先ほどのresponse.jsonと同じフォルダにPHPファイルを作ってください。

{{{
<?php
// ファイルからJSONを読み込み
$json = file_get_contents("response.json");

// 文字化けするかもしれないのでUTF-8に変換
$json = mb_convert_encoding($json, 'UTF8', 'ASCII,JIS,UTF-8,EUC-JP,SJIS-WIN');

// オブジェクト毎にパース
// trueを付けると連想配列として分解して格納してくれます。
$obj = json_decode($json, true);

// パースに失敗した時は処理終了
if ($obj === NULL) {
return;
}

// 表示
// アイスケット
echo $obj['name'];

// 表示
// PHP
echo $obj['work']['program'];
?>
}}}
上記の例は連想配列でパースしたものですが、オブジェクト形式のまま返す方法もあります。先程と違うのはjson_decode関数にtrueを付けないところと、オブジェクトへのアクセスが波括弧となるところです。
{{{
<?php
// ファイルからJSONを読み込み
$json = file_get_contents("response.json");

// 文字化けするかもしれないのでUTF-8に変換
$json = mb_convert_encoding($json, 'UTF8', 'ASCII,JIS,UTF-8,EUC-JP,SJIS-WIN');

// オブジェクト毎にパース
// trueを付けないとオブジェクトとしてアクセスして格納してくれます。
$obj = json_decode($json);

// パースに失敗した時は処理終了
if ($obj === NULL) {
return;
}

// 表示
// アイスケット
echo $obj->{'name'};

// 表示
// PHP
echo $obj->{'work'}->{'program'};
?>
}}}
1

{ 賛成 }: Lubo

PHPでJSON形式を出力する方法です。まずは、連想配列に項目を追加しておき、表示します。
{{{
// 連想配列を生成
// 表示内容
// {
// "name":"アイスケット",
// "address...

すべて表示する »
PHPでJSON形式を出力する方法です。まずは、連想配列に項目を追加しておき、表示します。
{{{
// 連想配列を生成
// 表示内容
// {
// "name":"アイスケット",
// "address":"神奈川県",
// "work":{
// "program":"PHP",
// "design":"CSS",
// "database":"MySQL"
// }
// }
$jsonArray = array(
'name' => 'アイスケット',
'address' => '神奈川県',
'work' => array(
'program' => 'PHP',
'design' => 'CSS',
'database' => 'MySQL'
)
);
}}}

// 生成した連想配列からJSON形式に変換して、表示
echo json_xencode($jsonArray);
json_xencodeという関数は別途定義した関数です。PHP5.3でも利用できるように記述したものです。

以下の関数は「オープンソースこねこね」様のサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

{{{
/**
* ----------------------------------------------------------
* PHP5.4からでないと対応していないUnicodeアンエスケープをPHP5.3でもできるようにしたラッパー関数
* @param mixed $value
* @param int $options
* @param boolean $unescapee_unicode
* ----------------------------------------------------------
*/
function json_xencode($value, $options = 0, $unescapee_unicode = true)
{
$v = json_encode($value);

if ($unescapee_unicode) {
$v = unicode_encode($v);
// スラッシュのエスケープをアンエスケープする
$v = preg_replace('/\\\\\//', '/', $v);
}

return $v;
}

/**
* ----------------------------------------------------------
* Unicodeエスケープされた文字列をUTF-8文字列に戻す。
* 参考:http://d.hatena.ne.jp/iizukaw/20090422
* @param unknown_type $str
* ----------------------------------------------------------
*/
function unicode_encode($str)
{
return preg_replace_callback("/\\\\u([0-9a-zA-Z]{4})/", "encode_callback", $str);
}

function encode_callback($matches) {
return mb_convert_encoding(pack("H*", $matches[1]), "UTF-8", "auto");
}
}}}

json_xencode関数を定義しておけば、連想配列がそのままJSON形式で出力できるので非常に便利です。JSONというと難しく感じてしまう方もいるかもしれませんが、この関数を利用すれば特に意識することなく利用できると思います。
1

{ 賛成 }: lujian

cp -pを使ってみてください。
{{{
-p same as --preserve=mode,ownership,timestamps
}}}

cp -pを使ってみてください。
{{{
-p same as --preserve=mode,ownership,timestamps
}}}
1

{ 賛成 }: lujian

{{{
$arr = array('key1' => 'value1', 'key2' => 'value2');
}}}

{{{
$arr = array('key1' => 'value1', 'key2' => 'value2');
}}}
1

{ 賛成 }: lujian

ステータスコード 301(恒久的移動)を送出してリダイレクトしたい場合、
{{{
header('HTTP/1.1 301 Moved Permanently');
header('Location: http://example.com/');
}}}
また...

すべて表示する »
ステータスコード 301(恒久的移動)を送出してリダイレクトしたい場合、
{{{
header('HTTP/1.1 301 Moved Permanently');
header('Location: http://example.com/');
}}}
または、
{{{
header('Location: URL', true, 301);
}}}

追記(ロケーションヘッダを送出する例のメモ):
{{{
// 301 Moved Permanently
header('Location: http://example.com/', true, 301);

// 302 Found
header('Location: http://example.com/', true, 302);
header('Location: http://example.com/');

// 303 See Other
header('Location: http://example.com/', true, 303);

// 307 Temporary Redirect
header('Location: http://example.com/', true, 307);
}}}

3xx Redirection リダイレクション

{{{
300 Multiple Choices
複数の選択。リクエストしたリソースが複数存在し、ユーザやユーザーエージェントに選択肢を提示するときに返される。
301 Moved Permanently
恒久的に移動した。リクエストしたリソースが恒久的に移動されているときに返される。Location:ヘッダに移動先のURLが示されている。
例としては、ファイルではなくディレクトリに対応するURLの末尾に/を書かずにアクセスした場合に返される。
302 Found
発見した。リクエストしたリソースが一時的に移動されているときに返される。
303 See Other
他を参照せよ。リクエストに対するレスポンスが他のURLに存在するときに返される。
304 Not Modified
未更新。リクエストしたリソースは更新されていないことを示す。
305 Use Proxy
プロキシを使用せよ。
306 (Unused)
将来のために予約されている。
307 Temporary Redirect
一時的リダイレクト。
}}}

HTTPステータスコードを送出する例
ロケーションヘッダ以外も色々試してみたところ、第一引数にHTTPを入れればHTTPステータスコードを送出することも出来る模様。取り敢えず良く使いそうなものを載せておく。

{{{
// 400 Bad Request
header('HTTP', true, 400);

// 403 Forbidden
header('HTTP', true, 403);

// 404 Not Found
header('HTTP', true, 404);

// 500 Internal Server Error
header('HTTP', true, 500);
}}}
さらに...

よく使うVim のコマンドまとめ @Vi @code @linux @Vim

hero 投稿しました • 2014-06-06 16:57 • 0 個コメント • 983 Views

MySQL への新規ユーザの追加について @code @MySQL

hero 投稿しました • 2014-04-21 15:12 • 0 個コメント • 1314 Views
さらに...
コードとは、プログラミングの内容略称です。プログラムを作成するコードにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。コードは芸術です!

@概要

コードとは、プログラミングの内容略称です。プログラムを作成するコードにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。コードは芸術です!

@達人

iQi

@ 17賛成, 1 感謝

@フォロワー #0