@bitcoin

@bitcoin

@フォロワー #2

Anonymous

日本最大のビットコイン取引所はどこでしょうか @Quoine @bitFlyer @bitcoin

Anonymous @回答 • 2015-02-01 11:59 • @フォロワー #1 • 1 回答 • 518 Views

Anonymous

日本国内のビットコイン取引所について @bitcoin @ビットコイン取引所

Anonymous @回答 • 2014-06-30 21:04 • @フォロワー #1 • 1 回答 • 477 Views

Anonymous

ビットコインで税金ゼロの市民権の購入について @bitcoin

bitcoin @回答 • 2014-06-27 00:39 • @フォロワー #1 • 1 回答 • 465 Views

Anonymous

結局ビットコインは円天だったんだろ? @bitcoin

Anonymous @回答 • 2014-03-01 14:27 • @フォロワー #1 • 2 回答 • 469 Views

Anonymous

Mt.Goxはどのようにしてコインを盗まれたのか? @ビットコイン取引所 @bitcoin @Mt.gox

Anonymous @回答 • 2014-02-27 12:18 • @フォロワー #1 • 1 回答 • 511 Views

さらに...
2

{ 賛成 }: hero サポート

インターネットにはMt.Gox取引所の「危機戦略」とされる文書が出回り、74万4000以上のビットコインが「鍛造性に絡む窃盗」により失われたとした。また、マウント・ゴックスの債務が1億7400万ドルで、資産が3275万ドルとしている。この文書が事実に基づいてい...

すべて表示する »
インターネットにはMt.Gox取引所の「危機戦略」とされる文書が出回り、74万4000以上のビットコインが「鍛造性に絡む窃盗」により失われたとした。また、マウント・ゴックスの債務が1億7400万ドルで、資産が3275万ドルとしている。この文書が事実に基づいているかは確認がとれない。

サイトも停止しているので、破産する可能性は非常に高いと思います。あるいは、投資した分は損になる可能性が非常に高いということです。
1

{ 賛成 }: bitcoin

いや円天とは違うだろ

ひとつ怪しい取引所を潰れただけだ。

いや円天とは違うだろ

ひとつ怪しい取引所を潰れただけだ。
0

{ 賛成 }:

最近、ビットコイン販売所運営のbitFlyerはリクルートやGMO-VPから1億3000万円の資金を調達したので、間違いなく、bitFlyerは現在日本最大のビットコイン取引所です。

下記の内容をご参照ください。

https://bitflyer.jp/C...

すべて表示する »
最近、ビットコイン販売所運営のbitFlyerはリクルートやGMO-VPから1億3000万円の資金を調達したので、間違いなく、bitFlyerは現在日本最大のビットコイン取引所です。

下記の内容をご参照ください。

https://bitflyer.jp/Company
http://jp.techcrunch.com/2015/01/28/20150128bitflier/
https://bitflyer.blob.core.windows.net/pub/bitFlyer_20150128p0bz_jp.pdf
0

{ 賛成 }:

下記の内容をご参考になるのでは、ご覧ください。

Mt.Goxがサイバー攻撃をうけて、保有するビットコインの大半を失ったという噂がされている。どうやらこれは本当のことのようである。コインの盗難にあったのだ。

さて、このサイバー攻撃の内容についてだが、簡単に説...

すべて表示する »
下記の内容をご参考になるのでは、ご覧ください。

Mt.Goxがサイバー攻撃をうけて、保有するビットコインの大半を失ったという噂がされている。どうやらこれは本当のことのようである。コインの盗難にあったのだ。

さて、このサイバー攻撃の内容についてだが、簡単に説明しておく。

正確には、Transaction mutabilityという問題だ。

簡単にいうと、このバグを突くと、ビットコインが正しくおくられたのに、送った側からみると、あたかも送られてないように見せかけることができる。

これを使うと、相手をだますことが出来る。

例えば私が犯罪者で、Mt.Goxからビットコインを盗もうとする。

まず、私はMt.Goxの口座から、自分のビットコインを、自分の財布に送金する。これ自体はたんなる預けていた自分のコインの引き出しにすぎない。

ここで、わたしはその引き出しトランザクションに手を加える。

すると、送金は成功しているのに、Mt.Gox側からみると、送金が失敗したようにみえてしまうのだ。

そこで、私はMt.Goxに通知する。

「取引がうまく承認されなかったみたいです(実際こういうことはたまにある)。届いてないので、もう一回おくってもらえないでしょうか?」

Mt.Goxは、もう一回送る。実際は届いているのに。

「おかしいですね。今度もとどいてないです。もうっかいやってみてください」

そして3回めの送金を行う。

これを繰り返す。実際の送金はおこなわれているのに、相手は送金失敗とおもっているから、彼らは残高がある限りまた送金を繰り返してくれる。

そして、問題に気づいた時、Mt.Goxの口座はからっぽだ。

しかし、なぜGoxはこのような手口に引っかかったのか。

ひとつは、Goxの財布ソフトウェアがこの問題に対処しなかったことだ。Transaction mutability自体は2011年頃に、ビットコインの開発者によって問題がされ、注意するように呼びかけがなされた。他の財布は概ねこの問題に対処したが、しかし、Goxはこの問題を放置した。

財布ソフトを修正していれば、この不正なトランザクション自体を正しく検出できたはずだが、彼らはそれを行わず、不正なトランザクションを認識することができなかった。

次に、それでも、原理的には、再送金を行わなければ、このような問題は発生しないはずだ。しかし、Goxのシステムは、これを確認せずに、自動的に再送金を行なっていた模様だ。

さらにそれでも、もし顧客のビットコインが顧客別に分別管理されていれば、顧客の残高以上のものは引き出せない。しかし、Goxでは、顧客のコインはまとめられプールして管理されていた。

さらに、それでも、引き出しシステムが自動的にアクセスできるオンライン上のビットコインプールはごく少量にとどめるのが普通だ。そのようなオンラインにあるコインはホットウォレットとよぶ。それとは別に大半のコインは、ネットとは切り離された場所に、外部からアクセス出来ない形で保管するのだ常識だ(コールドウォレット)。Goxのコールドウォレットは実質的には完全にオフラインではなかったようだ。

このような何十にもわたるミスが原因である。ビットコインコミュニティは、Mt.Goxのずさんなシステムとその管理体制を強い口調で非難している。

本件は、ビットコインの暗号やハッシュ関数といったアルゴリズムが破られた関わる問題ではないため、その点は区別して記述したほうがよいだろう。

<テクニカル>

ビットコインのシステムでは、送金したい人が送金トランザクションをつくり、それをネットワーク全体に通知する。採掘者はその送金を過去のデータと照らし合わせ、二重使用がないかをチェックして承認する。

送金者が送金データ2回をネットワークに流してしまうことはよくおこっており、その場合2重使用として検出され、最初の送金が有効になり、後のほうは弾かれて無効になる。過去の2重使用が承認されたことはない。

Transaction mutabilityを突くと、同じ送金データをコピーして、別の送金IDを付与することができるのが大きな違いだ。ただ、その場合でも、採掘により、2重支払いは検出される。しかし、採掘者は、ここが重要だが、オリジナルの送金取引ではなく、コピーされたほうを承認してしまうのだ。そして、オリジナルの送金取引は、送金できなかったという形で送金者にエラーが戻ってくる。

正しい財布の実装であれば、このエラーを検出し、どの送金が正しくなされ、どれが失敗したのかをチェックすることができる。mt.Goxの財布はこれが判別できなかった。

<注>

なお、Transaction mutabilityに関するバグfixはすでにMt.goxでおこなわれたようだ。そしてこのバグfixの過程で、かれらは始めて失われたコインの総額を計算することができ、顧客のコインがすべて失われたという結論に至ったと推測される。

なお、現在、関係者の掲示板などでは、mt.Goxのコインの盗難は、Transaction mutabilityだけではなく、もっとずさんなMt.Goxのシステムに、もっとずさんなレベルのセキュリティーホールがあったという噂もでている。これについては、いずれ判明するとおもわれる。
0

{ 賛成 }:

1.payびっと(http://pay-bit.net/)
取引所というより、売買所というか。。。つまり、デイトレード的な事は出来ません。
純粋にビットコインを購入する、おるいは売ると言った事のみです。
魅力は、クレジットカードが利用できるので、購入プロセスが...

すべて表示する »
1.payびっと(http://pay-bit.net/)
取引所というより、売買所というか。。。つまり、デイトレード的な事は出来ません。
純粋にビットコインを購入する、おるいは売ると言った事のみです。
魅力は、クレジットカードが利用できるので、購入プロセスが楽って事ですね。

銀行振込も可能ですが、指定の振込先に5,000円以上の振込をして、
指定のビットコインアドレスにビットコインが送金されるのを待つ。というのがちょっと。。。
しかも、振込先がいくつか選択できますが、4つある内の3つが個人名への振込だったりしますので、そこにも不安が。。。

実際にはと言うと、銀行振込、クレジットカードの両方で購入してみました。

銀行振込、クレジットカードとも、
無事、指定したビットコインアドレスに入金されました。

ただし、購入時のレートではなく、
payびっと側が処理したタイミングのレートで
ビットコインが支払いされるというのが少々難儀です。
大きく変動するかもしれないビットコインですから、特に心配にはなります。

2.BtcBox(https://www.btcbox.co.jp)
ある在日中国人が設立した日本ビットコイン取引所です。

Googleの2段階認証を利用していますので、セキュリティ面が高いようです。
取引前には、個人証明の書類提出が必要ですが、
免許などのコピーを添付するだけで、すぐに開設できます。

ビットコイン(Bitcoin)以外にも、ライトコイン(Litecoin)、ドージコイン(Dogecoin)
を扱っていると言う点は良いですね。(出来れば、Rippleの方が良かったが・・・)

ただ、日本円入金までのプロセスが少々変かなと。

振込金額を入力すると、振込先が表示されますが、
その先がもう「振り込みました」のボタンなんです。

いやいや、ネットバンキングならすぐ出来るからいいけど・・っていうね、
ツッコミを入れたくなります。
ただ、Payびっととは違い、振込した意思表示がその後あるっていうのは、
フローとしてはいいのかな。

ちなみに、私はまだここを利用した事はありません。
今度試してみます。

3。bitFlyer(https://bitflyer.jp)
最近開設したばかりの取引所です。確か5/26だったか。
ここは会員登録後、指定口座にデポジットを入金(10万円以内ならいくらでもOKっぽいです。)し、
その後、1円キャッシュバックでアカウント開設完了の流れです。

試しに小額振り込んでみましたが、1日程度で無事開設完了。

ただ、セキュリティ面では、最上級のベリサインを入れてはいるものの、
ログインには、2段階認証も、数字の乱数もなく、ID&パスのみなので、
少々不安にはなりますね。

ちなみに小額なので、何ともですが、ビットコインを購入取引してみました。
海外の取引所と違い、購入のタイミングが今!っていう、かなり乱暴な作りに少々驚きでした。
また、取引自体も営業時間内なのか、今ログインしてみましたが、取引がCLOSEしてました。

というように、三者三様でして、
どこが良いとも言いきれませんね。。。(苦笑

Mt.Gox事件以降、日本では敷居の高かったビットコインですが、
日本独自の取引所が開設されたというだけでも今は大いなる進歩ですね。

まだまだ始まったばかりです。
これからサービスやらユーザーインターフェースやら、改善されていく事でしょう。
0

{ 賛成 }:

公式サイトは下記となります。

パスポーツ・フォー・ビットコイン:http://passportsforbitcoin.com/

公式サイトは英語です。下記、日本語の簡易説明となります。

--------------------------------
仮...

すべて表示する »
公式サイトは下記となります。

パスポーツ・フォー・ビットコイン:http://passportsforbitcoin.com/

公式サイトは英語です。下記、日本語の簡易説明となります。

--------------------------------
仮想通貨の世界で「ビットコイン・ジーザス(救世主)」として知られるロジャー・バー氏は、人々を天国に導くことはできないが、天国のようなカリブ海の島に連れて行ってくれることは可能だ。税金がほとんどゼロのこの島国へのパスポートを新たに手に入れるのを手伝ってくれる。
かつて米国籍を持ち、元受刑者のバー氏(35)は資産家であり、自称リバタリアン(自由至上主義者)。爆発物の販売で服役した経験のある同氏は、ビットコインでパスポートが買えるサイト、パスポーツ・フォー・ビットコインの創設者だ。ビットコインで買えるモノやサービスは、ローマでのホテル宿泊や東京での着物、米国でのケーブルテレビ(CATV)視聴など拡大し続けているが、バー氏はここに市民権を加えようとしている。
買えるのは、米マイアミから飛行機で約3時間の距離にあるミニ国家のセントクリストファー・ネビスの市民権だ。2島から成る同国は1984年から「投資による市民権付与制度」を実施している。同国の不動産に40万ドル(約4080万円)を投資すればパスポートがもらえる。個人所得やキャピタルゲインへの税金はかからず、このパスポートで120カ国にビザ(査証)なしで渡航できる。
バー氏のウェブサイトは、この楽園の市民権をビットコインで買う方法を英語とロシア語、中国語で説明している。政府による現金取引制限でがんじがらめになっている投資家を手助けできるだろうとバー氏は話す。
バー氏は今月、六本木ヒルズの51階にあるラウンジでの集まりで、「外国への支払いをする最も簡単な方法はビットコインだということを、来月中国に行って説明してくる」と語った。
渡航不要
クルーカットに黒のポロシャツとスラックスという服装のバー氏は、伝道師というよりは家電量販店の営業員のように見えた。それでも師とビットコインについて語り合うため集まったゴールドマン・サックス・グループの元デリバティブトレーダーやハッカー、プロボクサーなどと自己紹介した信者たちはバー氏の言葉に熱心に耳を傾けていた。
バー氏は「セントクリストファー・ネビスの政府は米国に比べてはるかに自由至上主義的だ」と言う。「だから、早くからのビットコイン信奉者らは皆、十分な金があれば、米国よりはセントクリストファー・ネビスの国民になりたいと考える」と同氏は話した。
同国の公式ウェブサイトによると、国民になるのに居住していることや入国することは必要ない。身元調査を受け、40万ドルの不動産投資(5年経過後に転売可能)か、返金不可の25万ドルの寄付をするだけでよい。ウェブサイトでは太字で、このことが分かりやすく「本人が直接訪れる必要はありません」と説明されている。
しかし、中国の金持ちらにはこれも難しい。政府規制のために年5万ドルを超える額の海外送金ができないからだ。セントクリストファー・ネビスの国民になるためには友人や親類を総動員して少額ずつを送金するしかない。「ビットコインを使えば全て解決だ」とバー氏は説明する。
さらに...
ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。ビットコインとはビットコインシステムの通貨単位である。単位は一般的に「BTC」が使用されている(例:100 BTC)。ビットコインは無形通貨であり、ビットコイン口座アドレスと関連付けられることで使用できる。

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、P2Pネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク(英語版)システムが用いられている。ビットコインは中本哲史 (Satoshi Nakamoto, サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。 支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、 買い手は公式トランザクションログ、blockchainの更新を要求する。 全トランザクションリストには所有履歴が記載されており、分散ネットワークにより検証されている。 ネットワーク運営者達は採掘者として知られ、取引手数料や造幣収益を得ている。

実在する硬貨の購入も可能であり、(電子通貨と異なり)硬貨を分解することで秘密鍵を明らかにできる。
同様の仕組みを利用した通貨は2014年現在多く発行されており、特にen:Litecoinがビットコインに次ぐ第2の暗号通貨としてよく知られている。違法活動との関連性から監視対象とされている。 2013年に連邦捜査局(FBI)はオンライン闇市のシルクロード (サイト)を閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した。

中国では取引の使用が禁じられ、欧州銀行監督局は利用者保護に欠けると警告している。ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる。

現在の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る投機目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されている。一般的なクレジットカードの手数料2−3%に比べ費用が抑えられる点に魅力があり、著名な営利法人での採用例としてはOkCupid、Reddit、WordPress、ヴァージン・ギャラクティックが、特定非営利活動法人やアドボカシー団体ではフリーソフトウェア財団、WordPress、Tor、電子フロンティア財団(EFF)などが挙げられる。
頭文字の大小による意味の違いがあり、大文字表記はプロトコルと取引ネットワークを、小文字は通貨自体を指す。

@概要

ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。ビットコインとはビットコインシステムの通貨単位である。単位は一般的に「BTC」が使用され...   ...

@達人

bitcoin

@ 2賛成, 0 感謝

hero

@ 2賛成, 0 感謝

@フォロワー #2