@Xcode

@Xcode

@フォロワー #0

[iOS]CocoaPodsのインストール方法について @CocoaPods @Xcode @iOS

lujian 質問投稿 • 2016-06-21 16:18 • @フォロワー #1 • 0 回答 • 150 Views

[iOS]Xcode6で画面固定をする方法について @iOS @Xcode

Lubo @回答 • 2015-06-20 16:39 • @フォロワー #2 • 2 回答 • 249 Views

[iOS]Xcode警告:Unsupported Configuration Scene is unreachable due to lack of entry points and ... @Xcode @iOS

iQi @回答 • 2015-06-15 14:31 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 235 Views

[iOS]デバイスの判定方法について @Xcode @iOS

Anonymous @回答 • 2015-03-08 11:43 • @フォロワー #1 • 2 回答 • 430 Views

[iOS8]マルチデバイス対応の新機能 ~Size Class の対応について @Xcode @iOS

Lubo @回答 • 2015-01-23 14:29 • @フォロワー #3 • 2 回答 • 848 Views

[Xcode]Fontの設定について @Xcode

iQi @回答 • 2014-12-03 10:56 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 276 Views

[Xcode]iPhone6実機テスト error:process launch failed: Security @code @iOS @Xcode

iQi @回答 • 2014-10-01 16:21 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 1959 Views

[iOS7]iOS6とiOS7を共存させることについて @Xcode @iOS

iQi @回答 • 2014-08-27 14:21 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 351 Views

さらに...
0

{ 賛成 }:

1.Size Class の前提知識をつける

Size Classes/Trait Collection
 これまでユニバーサルなアプリを開発するとき、iPhone と iPad の UI デザインを別々に行い、場合によっては Portrait 表示と La...

すべて表示する »
1.Size Class の前提知識をつける

Size Classes/Trait Collection
 これまでユニバーサルなアプリを開発するとき、iPhone と iPad の UI デザインを別々に行い、場合によっては Portrait 表示と Landscape 表示でレイアウトを変更することもありました。このように様々な表示パターンを表す新たな概念として、Size Classes と Trait Collection が定義されました。

** ファイルアップロード **


** ファイルアップロード **

「Size Classsとは」ってところを学ぶには、クラスメソッドさんの下記記事が日本語、図解入りでとてもわかりやすいです。http://dev.classmethod.jp/references/ios8-trait-collection/

Size Class 機能を使って複数画面サイズ対応する手順のチュートリアル動画。英語ですが、音声なしでもわかりやすいです。Xcodeのプレビュー機能を駆使するのめちゃめちゃ大事。


!![](https://www.youtube.com/watch?v=p5wD8dvSDbM)
0

{ 賛成 }:

左のナビゲーションバーからプロジェクトを選択して、Generalを開きます。

その中央、Deployment info > Device Orientation が画面の向きを設定する箇所になります。

** ファイルアップロード **


設定...

すべて表示する »
左のナビゲーションバーからプロジェクトを選択して、Generalを開きます。

その中央、Deployment info > Device Orientation が画面の向きを設定する箇所になります。

** ファイルアップロード **


設定値はこのようになっています。

Portrait:ホームボタンが下の縦方向
Upside Down:ホームボタンが上の縦方向
Landscape Left:ホームボタンが左の横方向
Landscape Right:ホームボタンが右の横方向
0

{ 賛成 }:

モデル番号を uname で取得して判断するのが手っ取り早いです。 今回は iPhone 5, 6, Plusの判別がされたいとのことなのでそのサンプルコードを示します。
{{{
#import <sys/utsname.h>
...
.....

すべて表示する »
モデル番号を uname で取得して判断するのが手っ取り早いです。 今回は iPhone 5, 6, Plusの判別がされたいとのことなのでそのサンプルコードを示します。
{{{
#import <sys/utsname.h>
...
...

- (void)viewDidLoad
{
[super viewDidLoad];
// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

NSString* deviceName = getDeviceName();

bool is_Simulator = ([deviceName isEqualToString:@"i386"] || [deviceName isEqualToString:@"x86_64"]);
bool is_iPhone5 = ([deviceName hasPrefix:@"iPhone5,"] || [deviceName hasPrefix:@"iPhone6,"]);
bool is_iPhone6 = ([deviceName isEqualToString:@"iPhone7,2"]);
bool is_iPhone6Plus = ([deviceName isEqualToString:@"iPhone7,1"]);

NSLog(@"Device Name: %@",deviceName);
NSLog(@"Is Simulator? => %@", is_Simulator ? @"YES":@"NO");
NSLog(@"Is iPhone5? => %@", is_iPhone5 ? @"YES":@"NO");
NSLog(@"Is iPhone6? => %@", is_iPhone6 ? @"YES":@"NO");
NSLog(@"Is iPhone6Plus? => %@", is_iPhone6Plus ? @"YES":@"NO");

}

// モデル名を取得する
NSString* getDeviceName()
{
struct utsname systemInfo;
uname(&systemInfo);

return [NSString stringWithCString:systemInfo.machine
encoding:NSUTF8StringEncoding];
}
}}}

実行結果
{{{
DeviceTest[####:##x] hardware: iPhone7,2
DeviceTest[####:##x] Is Simulator? => NO
DeviceTest[####:##x] Is iPhone5? => NO
DeviceTest[####:##x] Is iPhone6? => YES
DeviceTest[####:##x] Is iPhone6Plus? => NO
}}}
0

{ 賛成 }:

iPhone6実機テストは認証が必要となります。
まず、テストしたいアプリのアイコンをクリックして、信頼すると選択してください。
(iPhone6の実機で検証をしようとしたら、「Process launch failed: Security」とエラー出た場合、...

すべて表示する »
iPhone6実機テストは認証が必要となります。
まず、テストしたいアプリのアイコンをクリックして、信頼すると選択してください。
(iPhone6の実機で検証をしようとしたら、「Process launch failed: Security」とエラー出た場合、ホーム画面を見るとインストールアイコンがでてくるので、それをタップして、「信頼」を押すと実行されます。)

{{{
If you get this, the app has installed on your device. You have to tap the icon. It will ask you if you really want to run it. Say “yes” and then Build & Run again.
}}}
0

{ 賛成 }:

まず、Xcode5はiOS7(SDK)、Xcode4はiOS6(SDK)と覚えてください。

そこに関してはほぼ問題なく、Xcode4(iOS6)とXcode5(iOS7)を共存させることができます。

Xcode4.6.3をこちらからダウンロードします。
→...

すべて表示する »
まず、Xcode5はiOS7(SDK)、Xcode4はiOS6(SDK)と覚えてください。

そこに関してはほぼ問題なく、Xcode4(iOS6)とXcode5(iOS7)を共存させることができます。

Xcode4.6.3をこちらからダウンロードします。
→https://developer.apple.com/downloads/index.action

ダウンロードしたXcodeをインストールしようとすると、
今インストールされているXcodeに対してどうするかというメッセージが出てくるので、
ここで「両方とも残す」を選択してください。
App Storeでインストールしたものとは別に、Xcode〜が作成されました。
あとは、このファイルを、今のバージョンと区別するようにわかり易い名前にしてください。
長いと不便なので、「Xcode4」にするほうが良いかと思います。

また、Xcode5で過去のバージョンのSDKが使いたい場合:
Xcode5は使ってもいいけど、SDKを過去のバージョン(iOS6 SDK)を使用したいという例もあります。
そういう時は、下記の手順を行います。
1.さっきの共存するでXcode4をインストールしていない人はインストールを行う
(このインストール自体は後で削除OK。だって容量大きいしSSDを圧迫するし・・・)
2.フォルダ(/Applications/Xcode4(アプリ名).app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDKs/iPhoneOS6.1.sdk)をコピーする
3.フォルダ(/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDKs)に貼り付ける
4.プロジェクト設定でiOS6に切り替える
0

{ 賛成 }:

1.》Xcode-》Preference
2.》 Fonts&Colorsで文字サイズなどを設定する。
例:
** ファイルアップロード **

1.》Xcode-》Preference
2.》 Fonts&Colorsで文字サイズなどを設定する。
例:
** ファイルアップロード **
0

{ 賛成 }:

StoryboardIDを設定すると、解消されるようです・・・
しかし、コーディングの中でID必要ないし~
私はほっといちゃいましたw

なんで警告出てんだろw

{{{
エラーの名前はすごく長いです。

Unsupported Configuration S...

すべて表示する »
StoryboardIDを設定すると、解消されるようです・・・
しかし、コーディングの中でID必要ないし~
私はほっといちゃいましたw

なんで警告出てんだろw

{{{
エラーの名前はすごく長いです。

Unsupported Configuration Scene is unreachable due to lack of entry points and does not have an identifier for runtime access via -instantiateViewControllerWithIdentifier
}}}
さらに...

@概要

@関連

@フォロワー #0