@Mac

@Mac

@フォロワー #0

[iOS]2台目以降のMacで実機テストをする方法について @実機テスト @Mac @iOS

lujian 質問投稿 • 2016-02-16 16:15 • @フォロワー #1 • 0 回答 • 299 Views

[Mac]Eclipseを開くには、Java SE 6 ランタイムが必要です。 @Mac @eclipse

lujian @回答 • 2015-06-15 14:10 • @フォロワー #3 • 2 回答 • 560 Views

[MAC]Error:Run script on mac prompt “Permission denied” @Mac

iQi @回答 • 2014-09-01 16:51 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 351 Views

Mac OS X10.9.4(マウンテンライオン) で/etc/hostsを書き換える方法 @Mac

iQi @回答 • 2014-07-11 17:38 • @フォロワー #2 • 1 回答 • 542 Views

さらに...
0

{ 賛成 }:

既にJava SE7 update55をインストール済みなのだようです。

{{{
$ /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (1):
1.7.0_55, x86_64: &q...

すべて表示する »
既にJava SE7 update55をインストール済みなのだようです。

{{{
$ /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (1):
1.7.0_55, x86_64: "Java SE 7" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_10.jdk/Contents/Home

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_10.jdk/Contents/Home
}}}
SE7が使われずにSE6が求められるのは何故だろう?コマンドではSE7が使えるのに、EclipseなどOSXのアプリケーションでは使えないのだ。

{{{
$ java -version
java version "1.7.0_10"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_10-b18)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 23.6-b04, mixed mode)
}}}
調べたところ、JDKにて利用可能な旨の設定が記載されていないのが原因と分かった。

This is in part due to Oracle's missing definitions of the JRE7 VM capabilities.
Eclipse Kepler for OS X Mavericks request Java SE 6 - Stack Overflow
上記の情報に従って、下記のファイルに追記した。

{{{
/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_10.jdk/Contents/Info.plist
<key>JVMCapabilities</key>
<array>
<string>JNI</string>
<string>BundledApp</string>
<string>WebStart</string>
<string>Applets</string>
<string>CommandLine</string>
</array>
}}}
Info.plistが存在する場合、上記の内容が入ってない場合、追加する必要あります。
一旦ログアウトして再度ログインすると、今度はJava SE6のインストールを求められること無く、Java SE7にてEclipseが起動した。
0

{ 賛成 }:

装着しているバッテリーの「充放電回数」を確認することもできます。
「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し「システムプロファイラ」を起動します。
そして、「ハードウェア」の欄の「電源」を開きます。
この...

すべて表示する »
装着しているバッテリーの「充放電回数」を確認することもできます。
「起動ディスク(Macintosh HDなど)」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」と移動し「システムプロファイラ」を起動します。
そして、「ハードウェア」の欄の「電源」を開きます。
このようにバッテリーの「充放電回数」が確認できます。

** ファイルアップロード **
0

{ 賛成 }:

1.ターミナルを開く
2. hostsを編集する
hostsはデフォルトでrootの権限がないと編集出来ません。
hostsを編集するには一時的にrootの権限を利用するコマンドを打ち込みます。
{{{
$ sudo nano /private/etc/hos...

すべて表示する »
1.ターミナルを開く
2. hostsを編集する
hostsはデフォルトでrootの権限がないと編集出来ません。
hostsを編集するには一時的にrootの権限を利用するコマンドを打ち込みます。
{{{
$ sudo nano /private/etc/hosts
}}}
上のコマンドを打った後に管理者のパスワードを入力します。
このコマンドはGNU nano(コマンドラインテキストエディタ)を起動して編集します。

編集する際は接続先IPを左に書き、1タブで空間をあけて、接続先ドメイン名を書きます。
接続先IPが192.168.1.10
接続先ドメインがexample.com
だったとした場合、
192.168.1.10 example.com
{{{
192.168.1.10 example.com
}}}
と記入します。
行の先頭に#を付けると、その行はコメントアウトされたとみなされ無視されます。

記入後には、
ファイルを保存(Ctrl+O)を押した後に
終了する(Ctrl+X)のキーを押します。
3.DNSのキャッシュを消す
MacOSX 内部にはDNS解決の結果をキャッシュする機能があり、
キャッシュが残っていると思うように表示されない場合があります。

そこで「dscacheutil」のコマンドを「-flushcache」オプションをつけて、
ターミナルでを打ち、キャッシュを消します。
{{{
$ dscacheutil -flushcache
}}}
設定後はブラウザで表示確認。
サーバーのroot権限を持っていたら、アクセスログからの確認でもよいでしょう。
0

{ 賛成 }:

scriptの前にsudoを追加して実行してください。
例:
{{{
sudo /dvtcolorconvert.rb ~/Themes/ObsidianCode.xccolortheme
}}}

scriptの前にsudoを追加して実行してください。
例:
{{{
sudo /dvtcolorconvert.rb ~/Themes/ObsidianCode.xccolortheme
}}}
さらに...

@概要

@関連

@達人

iQi

@ 0賛成, 0 感謝

@フォロワー #0